1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

magia momento vol.4

butterfly spaniel and picture blog


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: Doggy   Tags: ---

『らるく』の健康診断 2012年度編

こんばんは、2号です。

今日も曇りのち雨だった房総地方
何だかムシムシ・ジメジメ・・・。
そろそろ梅雨入りでしょうか???
今年は初夏の清々しい日が何だか少なかったような・・・。


さてさて・・・先々週のお話ですがこの時期恒例の『らるく』の健康診断に行ってきました。

P5140134.jpg
【病院の待合室にて】
この時期、何処の動物病院もフィラリアの検査やら狂犬病注射やらワクチンやらで混み合いますよね・・・。
この日も『らるく』の前にワンちゃんが4頭、ネコちゃんが2頭待っておりました。
(その後も続々と来院される方が・・・)

P5140137.jpg
順番を待つ間『らるく』はあくびばかり・・・ちなみにこのあくびは緊張している証。
ワンコは緊張をほどく為にもあくびってするんですよ~。

P5140136.jpg
いろんなワンちゃん&ニャンちゃんがいるので『らるく』課長も緊張の面持ち・・・

待つ事、約1時間後ようやく『らるく』の番になりました。

『らるく』は今年の10月で10歳。人間の歳で言うと55歳過ぎ。
まだまだ元気と言えどやっぱりいろんなところが衰えてくる歳・・・
フィラリア検査の為血液を抜くこの時期に血液検査も『らるく』が5歳の時からお願いしてます。
今年も例年通りちょっと血を多く抜いて貰い検査してもらいました。

まずは体重から・・・7.15キロ (以前下痢をして病院にお世話になった時から変わらず・・・)
『らるく』の骨格からすると今くらいが太り過ぎず痩せ過ぎず・・絶好調な数値。
7.5キロ位までは太っても平気だが以前のように下痢をしてしまうので無理に増やす必要もないそうで・・・。

そして心音・・・去年くらいからちょっと心雑音が聞き取れるようになってきた『らるく』
小型犬は7歳頃から雑音が聞こえる仔も多いとか・・・。
去年と比べて心雑音は酷くなる事もなくそのままの状態を維持しているそうです。

その後血液を抜いてもらいフィラリア検査・・・こちらは陰性で問題ナシ。
血液検査の結果は後日との事でこの日は帰宅しました。

_5212273.jpg
フィラリア薬はとりあえず2ヶ月分貰ってきました。
去年の中頃から錠剤タイプからお肉味のチュアブルに変わりそのまま与えられて楽になったなぁ・・・。



翌日、2号のみで血液検査の結果を聞きに行ってきました。
毎年肝臓のALPの数値が高い『らるく』課長、今年も高いのかしら???
自分の検査結果を聞くより何だかドキドキします。

それでは今年の『らるく』の検査結果です。
P5230156.jpg
さてさて・・・詳しく見ていきましょう!!

P5230165.jpg
まずひっかかったのが赤血球容積比(PCV)犬は37~55のところ55.8
この数値は『らるく』が5歳の時からず~っと高いのです。 
先生曰く「この仔は血が他の仔より元々濃いみたいです」との事。これは気にする値ではないのでOK。

P5230161.jpg
そして一番気になっていたALPの数値は・・・
ん??ん??え~っ!!!!
せんきゅうひゃくななじゅうはち~!!!!

P5230166.jpg
犬の正常値は20~150。 150の10倍をゆうに超えてます。
ちなみに去年(2011年)は719。一昨年(2010年)は311と数年前から高かった事は高かったのですが・・・

P5230167.jpg
それからひっかかったのが中性脂肪。
犬の正常値が23~105のところ303 こちらは食後などは急激に上がるものなのでこの位の数値は心配いらないとの事。
確かに朝食後すぐに検査したので問題ないかな??
そしてカルシウム・・こちらは犬の正常値が8.8~11.2のところ11.6
これもこの病院の検査キッドが若干高めの数値を表すのでこれ位なら気にする事はないそうで・・・。


しかしALPの数値が1978・・これはちょっと軽視出来る数値ではないとの事・・・。
ALPの数値は元々肝臓の異常を表す数値。でも肝臓の悪い仔はALPと併せてGOTやGPT、総ビリルビンなんかも
一緒に上がってくるのが普通だそうで・・・。
『らるく』は他の肝臓数値は全て正常値なんです。

先生曰くALPの数値のみ上昇するパターンには危ない病気が2つあるそうで、
ひとつは胆のうの病気
_DSC0609_20120525190420.jpg
胆のうに石が詰まっていたり(胆石)、胆のうに繋がる胆管が詰まりかけていたり、胆汁がドロドロになり「胆のう粘液のう腫」
と言う病気が潜んでいる可能性があるとの事。
最悪、「胆のう粘液のう種」だと手術して胆のうを切除する必要があるとの事。

そしてもうひとつは・・・
副腎の病気
_DSC0662.jpg
肝臓に食い込むようにある副腎。ココから出ている副腎皮質ホルモンが異常に分泌されてしまうクッシング症候群
(副腎皮質機能亢進症)と言う病気の疑い。

上記2つの大きな病気だと命に関わるので、胸部&腹部レントゲン。胆のう、肝臓周辺のエコー。
副腎皮質ホルモン(ACTH)負荷テスト。 それとALPがどの臓器から異常に流出しているのかの検査(ALPアイソザイム)
の検査をオススメされました。

ただ、『らるく』の掛かり付け病院だとエコーなどが精密ではないので隣の市の系列病院に連れて行っての検査に
なるそうで・・・。(午前9時から午後4時まで半日入院)
5日後にその予約を取り、徹底的に『らるく』の検査をして貰うことにしました。

結果は↓に続きます。

半日検査で我が家に帰って来た『らるく』課長・・・
P5220141.jpg
精魂尽き果てたようなお顔してます・・・
検査・検査でちょっと可哀想だったね・・・。

副腎皮質ホルモンの検査は業者に委託するものなので結果が出るまでに数日かかるそうですが胆のうの病気、
レントゲン&エコーの検査は当日に分かりました。

こちらはちなみに去年の胸部レントゲン。
IMG_0169_20120525190502.jpg
去年は心臓の大きさだけ見たかったから胸部のみの撮影だったのです。

そしてコチラが今年の胸部&腹部レントゲン。
P5220132.jpg
今年は去年と心臓の大きさを比べたかったのと胆のうに石などがあるかどうか見たかったので胸部&腹部レントゲンです。
結果、胆のうに胆石など異物も見つからずとってもキレイだそうです。
そして心臓の大きさも去年と比較しても変わらず、心臓肥大も見当たらず・・でした。

P5220132 (2)
ただ、骨に若干異常が見受けられると・・・。
四つ足歩行の動物は背骨の真ん中に負荷がかかりやすく歳と共に骨一つ一つがくっついて癒着してくるそうで・・・。
まだ若干癒着が認められる位なので心配はないが、階段やソファへの飛び乗り・飛び降りには注意が必要ですとの事。

そしてコチラが肝臓&胆のう、腎臓のエコー画像です。
P5230151.jpg
胆管&胆のうが詰まっている事もなく凄くキレイだったそうです。
左上の写真で黒く写っているのが胆のう、ココに異常があると白く濁ったり変な模様みたいなのが出るそうです。
右上の写真は腎臓と肝臓の色合いの濃さを調べる検査。
通常は腎臓の方が色が薄いそうなのでこちらも問題ナシ。
肝臓・膵臓その辺り周辺全てエコーで見て貰いましたが腫瘍なども今の所は見つからなかったそうです。

と言う事で胆のうの病気は疑いがなくなりました

後は副腎の病気の心配・・・実はまだコチラは結果が出てません。
エコーで副腎の機能を見た感じ腫れている事もなく大きさは普通だったそうですが・・・。
数日後に出る結果を聞くまではちょっと心配です。

_DSC0659_20120525190416.jpg
ふくじんづけって・・・あなた・・・。

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)になると多飲多尿、たくさん食べるのにやせる、毛が抜ける、皮膚が薄くなる
などの症状が見られるらしいですがそんな症状も見られず・・・先生も疑いは薄いとおっしゃってました。

なら何が問題???『らるく』課長???
_DSC0617_20120525190417.jpg
そうなんですよね・・・本人ならぬ本犬は良く食べ、良く寝、良く遊び・・・普段と変わらず至って元気なんですよね・・・。

_DSC0519_20120525190421.jpg
皆様、心配かけて申しございません!
とりあえず数日後に出る副腎皮質機能の検査結果&ALPがどの臓器から異常に流出しているのかの検査(ALPアイソザイム)
の結果をしっかり聞いてこようと思ってます。

何事もありませんように・・・。


【長い記事、最後までご覧頂きありがとうございました】

テーマ : パピヨン    ジャンル : ペット

Comment: 22  

05 25 ,2012  Edit


Back to top



Comments

らるくちゃん、なんにもなければいいなぁ。
胆のうはきれいでヨカッタですね^^
私、手術で胆のう取っちゃったけど、このとおり元気ですよ~(^-^)
ヒトの年齢で55歳って、まだまだメンテすれば大丈夫よ♪
早くすっきりして、毎日楽しく暮らせますように☆~
うわぁうわぁ…<(T◇T)>
せんきゅうひゃく???
心配です…何事もありませんように!
でも念入りに調べてもらったことで
胆のうの疑いは晴れたし骨の件も注意して
あげれるからよかったですね

いい結果でありますように!!!
らるくくん おつかれさまでした ^^
検査結果の数値を見ると
1号さん 2号さんも さぞかし ご心配なさったことでしょう ><
らるくくんの 可愛い笑顔を見ていると 
どこも 悪いことろはないように思いますが 
やっぱり心配も ありますよね 
何事もありませんようにと 遠く和歌山からも 祈っています 
大丈夫だぺしだ~^^。
tonoは撮り過ぎ、飲み過ぎ、寝不足。
いつまでも元気な笑顔を見せてね~♪
みんなにもすんごく勉強になる記事ですね。ありがとうe-287
しかしせんきゅうひゃく…には驚いたでしょうe-451
うちの実家は、多分父はここ2年ほどは自分の病気で頭いっぱいで犬をちゃんと管理してないと思うので他人事じゃないです。
私が来月頭に連れて行く予定だけどいろいろ悪いところありそうで怖いよ。ほんと、自分のことより怖いよねe-447
「ふくじんづけ」は、絶対言うぞ、絶対言うぞと思って読んでいたら言ったので勝った気分です(ぷ
課長お疲れ様。
『らるく』君、病院お疲れ様でしたぁ!
ぃよくがむばりましたね!!

そうでしたかぁ~(汗)
やしちと同じような数値にびっくりしました(涙)

1号さん、2号さんも心配通り越して
もう、ご心労ですよね。
それでも、体重も良い感じでキープ出来ていて
『らるく』君、本人も元気なのが
ありがたいですね。
飼い主としてわ、原因・要因がわからないと
とっても不安になりますが
胆のうの心配わ消えて良かったです。

残りの結果も、きっと大丈夫なものであると
信じています!!
らるくさん、こんばんは~。
やっかいもののALP、これだけが異常に高いって、
うちの兄ちゃんのときと一緒ですね。
我が家は、エコー検査で胆のうも問題なしと出て、
その後お薬でほぼ正常値に戻って、あれはいったいなんだったの??
といまだに原因が??だったり(^^;)
ただお薬をやめてもう1年近く経っているので、そろそろ再検査に行かなくちゃと思ってます。

検査時の緊張状態とかそういうのでも上がるみたいなので、
らるく君も一時的なものだとよいですね。
何事もないこと祈ってますか~。


2号さん 心配していた検診 やっぱり一発クリア!ってワケにはいかなくなってくる
年齢ですよね~。 らるく君もカイ助も。
でも 精密検査をして貰えたなら ちょっと安心。
血液検査も 引っかかってる項目少ないと思いますよ~!

この数値 前兄さんも引っかかったんですよね 
変動の激しい数値だとは聞いたことありますけれど・・。
なんともありませんように 祈ってますよ。

結果まちって 本当に体に悪い・・・(苦笑)
らるく君も 疲れたお顔してるよね。
本当に ご苦労様でした!!
大事な大事な健康チェックなんだけれど 切なくなりますね~(苦笑)

後は・・・・神頼みだよ神頼み。
e-304コメントありがとうございます(ぽとすさん)e-304

ぽとすさん、真っ先にコメント、ありがとうございます。v-410

ぽとすさん、そうなのですね。
動物病院の先生に胆のうって取っても平気なのですか??と聞いたら
膿がたまった胆のうや胆石があるまま放置しておくと破裂した時の方が危険です・・。
胆のうは取っても大丈夫ですよ・・・と仰ってました。
とりあえず今の所胆のうはキレイとの事でその心配はなくなりましたが・・・。

そうですね。まだまだ『らるく』にはメンテして元気でいて貰わないと・・・ですね。v-286
調べられるところは全て調べたので早くすっきりしたいです。
ご心配頂きまして本当にありがとうございます。v-410
e-304コメントありがとうございます(らるくmamaさん)e-304

せんきゅうひゃくななじゅうはち・・・これはビックリの値ですよね。。。v-405v-405
普段は結構のんびりと構えていらっしゃる先生が「これは早急に調べた方が・・・」
と仰っていたので私もかなり焦りました。

9歳になって手術だけはどうしても可哀想・・・と思っていたので、とりあえず手術がなくなった
だけでホッと一安心でした。v-410

そうなんです。危ない病気は早期に発見しないと・・・ですものね。
もし危ない病気じゃなかったらそれはそれでヨシですし・・・。
先生も一つ一つ、病気の疑いを消していきましょう!!と仰って下さいました。

骨・・・これもやっぱり老化現象のひとつなので仕方ないと言えば仕方無いのですが、
これからは階段や段差、もっともっと注意してあげないと・・・と思いました。v-410

らるくmamaさん、本当にご心配下さいましてありがとうございます。v-410
e-304コメントありがとうございます(masamiさん)e-304

そうなんです。検査結果、きっと今年もALPは高いんだろうな・・・とは思ってましたが
まさかこんなスゴイ数値になっているとは思ってなかったのでビックリでした。
しかも早急に検査をと勧められ・・・9歳にして手術だけは避けてあげたかったので
検査結果を聞くまでは本当に心配でした。
検査当日は家で待ってても気がかりで気がかりで・・・。v-356

こんな異常な数値なのに『らるく』自身はいたって元気なのがまた不思議です。
良く食べ、良く寝、良く遊び・・・普段と全く変わらないんですけどね。

masamiさん、本当にいつもご心配頂きありがとうございます。v-410
e-304コメントありがとうございます(hitatinotonoさん)e-304

殿~!!ありがとうございます。v-410

年齢が行くに連れていろいろとひっかかってくる数値は多いだろうな・・・とは予想してましたが
まさかこんなスゴイ数値が出るとは思ってなかったのでビックリでした。v-399
できる限りず~っと元気でいて欲しい・・・そう願うのみです。

殿も飲みすぎ、寝不足は体にきますよ!!
くれぐれもご無理はされませんように・・・。
e-304コメントありがとうございます(ボスコさん)e-304

せっかく記事に残すんだから誰かの為になるよう・・分かりやすく書かねば、と
書きましたがただ長々とダラダラ・・・になってしまったような・・・。v-394
2号の備忘録にも役立つように・・と思って書きましたが後から読んで果たして分かるのか???
ちょっと疑問です。v-356v-356

そうなんです。もう自分の事より心配で心配で・・・。
多分ALPはまた上がっているな、と予想はしてましたがこんなスゴイ数値だとは・・・
本当にビックリでした。v-405
アリスちゃん&バロン君も何事もない事、願ってます。v-421

あは・あはははは(笑)ボスコしゃんに見破られてましたか・・・「ふくじんづけ」(爆)v-408
いやぁ・・・完全に2号、負けましたわ。v-393v-356v-356
実はもう1枚「オレ様は散歩たんのうしてるぞ!」ってのもあったのですが・・
あまりにもくどいので辞めました。

ボスコさんもご心配頂き本当にありがとうございます。v-410
e-304コメントありがとうございます(mieさん)e-304

検査終了と同時に当日は『らるく』を迎えに行きましたが、顔に「疲れた!」って書いて
あるみたいにグッタリしてました。
きっと知らない車に乗り、知らない病院に連れて行かれ、いろいろと触られたり検査されたり
で精神的&肉体的にも疲れてしまったのでしょうね・・・。e-263

そうなんです~。やしち君と同じように特にALPの数値がバカ高くなってしまいました。v-356
以前から高い事は高かったのですけど、まさか1900代にまで上がるとは・・・。
いつもはのんびりと構えていらっしゃる先生も「早急に検査を・・・」と仰ってましたし
私もかなり焦りました。v-404

とりあえず9歳にして手術・・・これだけは避けてあげたかったので胆のうの検査結果が
出るまでは本当に自分の事以上に心配でした。v-356v-356
副腎皮質ホルモンも異常がある疑いは薄いと先生も仰ってまして・・・
じゃあ一体何が原因???とまたしても疑問ばかりです。
当の本人ならぬ本犬も元気で全く普段と変わらずですしね。v-356

mieさん、本当にご心配頂きありがとうございます。
後日、詳しく先生にお話聞いてくる予定です。v-410
e-304コメントありがとうございます(ちょこままさん)e-304

そう言えば、ちょこままさんのところのお兄ちゃんもALPの数値だけが高かったですよね。
我が家の『らるく』も5歳の頃からちょっと高めではあり、年々高くなってきてましたので
今年も心配はしてましたが、まさか1900代まで上がっているとは・・・ビックリでした。v-405

この数値は本当、難しいみたいですね・・・。
我が家もとりあえず胆のうの検査は無事クリア。
後は副腎皮質ホルモンの検査ですが、こちらもこの病気である心配は薄いと言われてます。

そうですね・・・。
本人ならぬ本犬も元気ですし、何事もないと良いのですけど・・・。
ちょこままさん、ご心配頂きまして本当にありがとうございます。v-410
e-304コメントありがとうございます(かいままさん)e-304

そうですよね。。。年々血液検査の数値も上がってくるとは思ってましたけど・・・。
まさかALPが去年の倍以上をたたきだすとは思ってもみませんでした。v-405
去年までは案外のんびりと構えていらっしゃった先生ですが、今年はエコー&オルモン検査
&レントゲンを早急に・・・との事で2号もかなり焦りましたが、とりあえず胆のうの検査はクリア。
良かったです。

後はALPの検査結果なのですが、こちらも先生曰く病気である疑いは薄いと仰って頂いてます。
まだ検査結果の紙が届いてないので心配は残ったままなのですが・・・。
そうですよね。。最後は神頼みです。v-421

当の本人ならぬ本犬も元気ですし、きっとクリアだと信じてます。
かいままさん、本当にご心配頂きありがとうございます。v-410
らるく課長大乗ですかぁ~
FotoPusの御礼に来たら、「健康診断」!!
最初は、我が家のお嬢にも参考になるなぁ~って拝読していたが。。。
(*o☆)なんか大変な事に急展開で驚き!

検査も大変でお疲れさま"(・・、)ヾ(^^ )"ナデナデ

課長の元気な写真拝見してると、大丈夫!!
まだまだこれかだだもんね(^-^)V
p(^^)qファイトだ課長
e-304コメントありがとうございます(ぱるさん)e-304

ぱるさ~ん!!ご心配おかけして申し訳ございませ~ん!!v-356v-356

そうなんです。
ワンコもシニアになるといろいろと問題が出てきます。
ALPの数値は以前から高いには高かったのですが今年は1900代、これには先生も
ビックリされて「早急に検査を・・・」と仰られました。
それを聞いて私も大焦り!!
9歳にして手術、これだけは避けてあげたかったので胆のうのエコーが異常ナシと聞いて
とりあえず一安心でした。

後は副腎皮質ホルモンの検査ですがこちらも異常がある事はまずないとの事でした。
とりあえず検査結果の紙を頂くまではちょっと心配ではありますが・・・。

そうなんです。本人ならぬ本犬がいつもと変わらず元気なので私も大丈夫だと信じてます。
55歳、まだまだこれからですよね♪♪
ぱるさん、いつもコチラにまでコメありがとうございま~す。v-410
ホントに大事で無い事を祈りばかりです。。。
e-304コメントありがとうございます(GTNPapaさん)e-304

GTNPapaさん、ご心配おかけして申し訳ございません。v-356
いつも本当にありがとうございます。v-410
2号さんこんにちは。

なんと言うスンゴイ数値ですか。これって大丈夫なのかな~。

ブログ見ただけで心配になってしまいました。

いつまでもペットには長生きして欲しいですからね。

課長もそろそろお年なので傷心したほうがいいと思いますけど。部長補佐とか。

それにしても金銭的にもお金掛かりますね。

うちのミューのビタミン剤なんて6500円とかしましたし。

ペット産業景気関係無い様で羨ましいです。
e-304コメントありがとうございます(masamasaさん)e-304

そうですよね・・・この数値は普通じゃないです。v-356v-341
私も目玉飛び出そうな位驚きましたよ。
で、いろいろと調べた結果、どうやら怖い病気ではないようです。
ただ、やっぱり肝臓や胆のうには気をつけた方が良い数値と言う事は間違いないですから
この先も引き続き観察して行こうと思ってます。

あは・あはははは(笑)歳ですからね・・・。昇進ですか・・・。
でもね、次回の記事にもアップしてますがコヤツにはまだまだ昇進の話はないかと・・・。(爆)

そうですね・・・お金がかかるのは仕方無いと思ってます。
大事な家族ですからね。
いつまでも『らるく』には出来るだけ元気でいて欲しい。ただ、ただそう願ってます。

ほほぉ・・・ミューちゃん専用のビタミン剤なんてのもあるのですね~。v-405
それはビックリです。v-405

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。